つみたてNISA(積立NISA)の始め方や手順は?必要なものをわかりやすく紹介

つみたてNISA(積立NISA)の始め方や手順は?必要なものをわかりやすく紹介

このページをシェアする

つみたてNISAとは、「積立投資で得た利益に税金がかからない」というお得な制度です。

通常の投資では、利益から約20%が税金として差し引かれます。しかしつみたてNISAでの投資なら、最長で20年間にもわたって税金がかからない、つまり利益がまるまる手元に残ります。

また、投資できる商品は、金融庁が定めたコストやリスクの基準をクリアした投資信託やETF(上場投資信託)の銘柄に限られているので、初心者にも適するとされています。

年間40万円、総額で800万円もの元手で運用でき、利益が非課税となるのがつみたてNISAの最大のメリットです。

つみたてNISA(積立NISA)の始め方

つみたて(積立)NISAの始め方

つみたてNISAの始め方はとっても簡単。手順はたったの3ステップだけです。

ステップ① 金融機関でつみたてNISA口座を開設

ステップ① 金融機関でつみたてNISA口座を開設

つみたてNISAを始めるには、証券会社や銀行などで専用口座の開設が必要です。口座開設先の選び方のポイントは、つみたてNISAで選べる投資信託のラインアップや最低積立金額などをチェックすること。

これらの条件は金融機関によって違います。何社か比較して、より条件がよい金融機関を選ぶことをおすすめします。

金融機関の選び方のポイントは次の4つです。

つみたてNISAの金融機関の選び方

  1. 銘柄ラインアップ(目当ての銘柄があるか)
  2. 銀行引落しの有無
  3. 最低積立金額(毎月いくらからできるか)
  4. 積立頻度(毎月積立以外の選択肢はあるか)

もっとくわしく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

ステップ② つみたてNISAの投資信託を選ぶ

ステップ② つみたてNISAの投資信託を選ぶ

つみたてNISAでは、「販売手数料がかからない」「運用コスト(信託報酬)が安く抑えられている」などの基準で金融庁が定めた約200本の投資信託から自分で選んで投資します。

投資信託の選び方にはポイントがあります。次の2つをチェックしてみましょう。

つみたてNISAの銘柄の選び方

  1. リスクを抑えた安定運用なら「複合資産型」
  2. リスク高めでハイリターンを狙う運用なら「株式100%型」

なるべくリスクを抑えた運用をしたいなら、「複合資産型」の投資信託がおすすめです。複合資産型とは、株式、債券、リート(不動産)などさまざまな資産を組み合わせた投資信託のことで、「バランス型」とも呼ばれます。

一方で、もっとリスクを取って高いリターンを望むなら、「株式100%型」の投資信託を選ぶと良いでしょう。株式100%型とは、債券などよりもリスクが高いとされる株式のみに投資する投資信託のこと。

どちらがご自身に合っていそうか、もっとくわしく知りたい方はこちらの記事もチェックしてみてください。

ステップ③ 毎月の積立金額を決める

ステップ③ 毎月の積立金額を決める

つみたてNISAの積立上限額は、年間40万円までと決められています。毎月にならすと、約3万3333円になります。

一方、下限額は金融機関によって異なり、毎月100円から可能なところもあれば、毎月1万円からと若干ハードルが高いところもあります。

このように金融機関によって、積立金額の下限設定(最低積立金額)が違いますので比較してみるのがおすすめです。

はじめての投資で不安な方は、無理なくできる範囲から積立を始めてみてはいかがでしょうか。積立金額は途中で変えることができますので、慣れてきたら増やすことも可能です。

さらに積立の頻度を毎月だけでなく、毎週や毎日から選べる金融機関もあります。ご自身の希望に沿って選ぶとよいでしょう。

100円から積み立てできる金融機関

金融機関名 銘柄本数 最低
積立金額
積立頻度
SBI証券 182本 100円 毎日/毎週/
毎月
楽天証券 180本 100円 毎日/毎月
松井証券 176本 100円 毎月
auカブコム証券 177本 100円 毎月
マネックス証券 156本 100円 毎日/毎月
大和証券 22本 100円 毎日/毎週/
毎月/隔月/3,4,6ヶ月毎
CONNECT 16本 100円 毎日
tsumiki証券 4本 100円 毎月
SBIネオトレード証券 1本 100円 毎月

※つみたてNISAナビ調べ(2022年9月13日時点)

つみたてNISA口座開設に必要なもの

つみたてNISA口座開設に必要な書類

  1. 住所や氏名などが確認できる本人確認書類…運転免許証、健康保険証など
  2. マイナンバーが確認できる書類…マイナンバーカード、通知カードなど

つみたてNISA口座開設手続きの流れ

金融機関のつみたてNISA口座開設ページで氏名・住所などを入力

本人確認書類&マイナンバー確認書類を提出

手続きの流れは口座開設ページから氏名・住所などを入力し、本人確認書類、マイナンバー確認書類を提出します。金融機関によっては用意する書類が異なる場合もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

その後、金融機関を通じてつみたてNISA口座の開設に必要な税務署の審査などが行われます。そのため、つみたてNISA口座が開設されるまでには約1週間~2カ月程度かかります。

このように、つみたてNISAの始め方は難しくありません。ご自身に合った金融機関を探してみましょう

~さっそく始めたい人に~

つみたてNISA口座
各社の推しポイントご紹介

SBI証券

  • 取り扱い銘柄数は180本以上!
  • 毎月100円から積み立て可能!
  • 投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントが貯まる(Tポイント等)
  • 三井住友カードでクレカ積立可能!積立額分でもVポイントが貯まる

楽天証券

  • 取り扱い銘柄数は180本以上!
  • 毎月100円から積み立て可能!
  • 保有残高が一定の金額に達したらボーナスで楽天ポイントが貯まる
  • さらに楽天カードで積み立てれば積立額分でもポイントが貯まる!

松井証券

  • 取り扱い銘柄数は170本以上!
  • 保有残高に応じて現金還元サービス!現金バックは松井証券だけ!
  • 株主優待名人の桐谷さんが30年も愛用している歴史ある証券会社

auカブコム証券

  • 取り扱い銘柄数は170本以上!
  • 保有残高に応じてポイント還元アリ!毎月Pontaポイントが貯まる
  • さらにauPAYカードで積立てれば1%のPontaポイント還元!

マネックス証券

  • 取り扱い銘柄数は150本以上!
  • 保有残高に応じてマネックスポイント還元!各種ポイントに交換可
  • クレカ積立に対応!マネックスカードを使えば1.1%ポイント還元!

このページをシェアする