「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

※このページはプロモーションを含みます

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

このページをシェアする

新NISAで株式へ投資する投資信託を購入したくても、どの国の市場がよいのか、市場は決めたけれど銘柄が複数あってどう選べばよいかなど、分からないことも多いのではないでしょうか。

この記事では、投資信託の基本から代表的な指数、「S&P500」など連動を目指す指数が同じ銘柄で迷った時の選び方をわかりやすく解説します。

そもそも、投資信託とは?指数って何?

<投資信託(ファンド)>

投資信託とは、資産運用の専門家が投資家から集めたお金を一つの資金としてまとめ、株式や債券などの金融商品へ投資し、その成果(利益や損失)を投資家へ分配する金融商品です。

専門家が投資先選びや金融商品の売買を行うため、専門知識がなくても少額から投資できるのが利点です。ただし、そのための手数料(信託報酬)が投資信託では発生します。 

なお、投資信託は1本の銘柄で分散投資ができるため、投資初心者向きの商品の一つです。分散投資によって、リスク低減効果が期待できます。 

投資信託は1本の銘柄だけで分散投資ができるので投資初心者向き

<指数(株価指数)>

株価指数とは、株式市場全体の株価の動きを表すもので、その市場に上場している企業の株価を基準に算出されます。

市場全体に分散投資をしたことと同じ効果を得るために、指数に連動するように作られた投資信託が数多くあります。

この指数に連動することを目指す投資信託をインデックス型投資信託(インデックスファンド)といいます。独自の判断で投資先を選ぶアクティブファンドより信託報酬が安い傾向にあります。

株価指数とは、株式市場全体の株価の動きを表す

投資信託の代表的な指数ってどんなものがある?

続いて、日本・米国・世界の代表的な指数を見ていきましょう。

日経平均株価(日経225)

日本経済新聞社が発表する株価指数で、東京証券取引所(東証)プライム市場に上場する代表的な225銘柄から構成される平均株価です。日本の株式市場のおおまかな動きを把握することができます。 

<構成銘柄>

  1. 市場の流動性が高い
  2. 業種のバランスを配慮
  3. 組入銘柄の定期的な見直しあり 

<特徴>

225銘柄の株価の平均値のため、株価が高い銘柄(値がさ株)の影響を受けやすくなっています。

TOPIX(東証株価指数)

東京証券取引所(東証)が発表する株価指数で、東証に上場する銘柄を広く網羅しています。基準日(1968年1月4日)の時価総額(株価×上場株式数)を100ポイントとして、現在の時価総額を算出しています。

<構成銘柄>

  1. 東証再編(2022年4月1日)までは、東証一部上場の全ての国内企業の株式
  2. 東証再編後は、再編時点の銘柄は継続採用し、その後は一定の条件の下に追加や除外銘柄を決定
  3. 銘柄数は2,148(2024年3月末時点)

<特徴>

時価総額の大きな銘柄(大型株)の値動きの影響を受けやすくなっています。

S&P500

米国の代表的な株価指数の1つで、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが公表しています。 

市場規模・流動性・業種等を考慮して選ばれたニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場する米国を代表する企業約500銘柄を時価総額で加重平均して指数化したものです。米国株式市場の約80%をカバーしています。

<構成銘柄>

  1. 時価総額が82億ドル以上
  2. 業種のバランスに配慮
  3. 流動性のある大型株

<特徴>

世界市場の約5割をカバーしているといわれています。 

MSCIコクサイ・インデックス

日本を除く先進国の株価指数で、MSCI Inc.(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社)が公表しています。時価総額を加重平均して算出され、日本を除く先進国市場の約85%をカバーしています。

<構成銘柄>

  1. 日本を除く先進国22カ国に上場する大型・中型株1,248銘柄(2024年4月末時点)
  2. 年に4回(2月・5月・8月・11月)組入銘柄の見直しあり
  3. 米国企業が7割以上

<特徴>

既に日本株へ投資をしている人は、この指数へ追加投資すると世界中の先進国へ効率的に投資ができます。

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス

日本を含む先進国(23カ国)と新興国(24カ国)の株式指数で、MSCI Inc.(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社)が公表しています。時価総額を加重平均して算出され、世界の株式の時価総額の約85%をカバーしています。

<構成銘柄>

  1. 銘柄数は2,840(2024年4月末時点)
  2. 先進国・新興国の大型・中型株
  3. 米国企業は6割以上、日本企業は5%程度

<特徴>

日本や新興国を含む全世界株式を投資対象とする投資信託のベンチマーク(目標とする基準)になっています。

指数が同じなのに、なぜ複数の投資信託があるの?

投資信託を作る会社(運用会社)が複数あるからです。同じ電化製品でも複数のメーカーの商品があるのと似ています。

同じ指数に連動するように作られた投資信託でも、運用会社によってどの組入銘柄を選ぶか、基準などが異なります。そのため同じ指数への連動を目標としていても、投資信託ごとに値動きの仕方の違いや指数との差が生じます。

投資信託を選ぶ際は、過去の実績からどれだけ忠実に指数に連動してきたか、指数を下回る実績はないかを確認しましょう。

投資信託を選ぶ際は、過去の実績からどれだけ忠実に指数に連動してきたか、指数を下回る実績はないかを確認

指数が同じなら、どの投資信託を選んでも一緒?

同じ指数に連動を目指す投資信託でも、主に2つの違いがあります。

1.純資産総額

投資信託の規模を表します。

算出方法:組入銘柄の基準価額×購入者の保有口数

純資産総額は投資信託の購入者数(口数)が増えたり、組入銘柄が値上がりしたりすると増加します。一定の口数を下回ると信託契約を終了させるファンドもあるので、純資産総額が高い方が安定的な運用が見込めます。

2.信託報酬

投資信託を管理運用してもらうために、保有期間中にずっと投資家が払い続ける手数料のことです。信託財産から純資産総額に対して一定割合が差し引かれます。信託報酬の数値が低いほど投資家に有利で運用効率がよくなることが期待されます。

ケース別迷った時はどうやって投資信託を選べばいい?

同じ指数への連動を目指す投資信託でも違いがあるのならば、どのように選ぶべきなのでしょうか?投資する資産・地域・指数が同じ際の事例に基づいて、それぞれ解決策を考えてみましょう。

※この記事で紹介している個別銘柄はあくまで例としてご紹介しているものであり、実際に投資することを推奨するものではありません。

ケース1投資する資産が同じ場合

例:「国内株式」に投資したいが、どれを選べばいいか分からない

国内株式に投資する場合の主な指数は、日経平均株価とTOPIXです。この2つのどちらかへ投資するのが主な選択肢でしょう。

市場の銘柄を網羅しているほど1銘柄あたりの増減の影響が比較的小さくなり、リスク(価格の振れ幅)が小さくなる傾向があります。

その点から見ると、東証の約2200銘柄から構成されるTOPIXの方が同225銘柄の日経平均株価よりも値動きの幅が小さくなる≒リスクを低く抑えられる可能性があります。 

日経平均株価はニュースなどで目にする機会が多いため、日経平均株価に連動する投資信託は値動きがわかりやすいメリットがあります。

ケース2投資する地域が同じ場合

例:eMAXIS Slimと楽天の「オール・カントリー」どちらを選ぼう…?

全世界株式に投資する際に、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(円換算ベース)をベンチマーク(運用の目標にする基準)とする2銘柄を例に比較してみましょう。

横へスクロール
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド
ファンド設定日 2018年10月31日 2023年10月27日
基準価額※1 25,276円 13,062円
指数の騰落率
(6カ月)との差
+0.20%
(2024年4月末時点)
-0.10%
(2024年4月末時点)
純資産総額 3兆4115.96億円 1,356.58億円
信託報酬(税込) 年0.05775% 年0.05610%

※新NISAナビ調べ(2024年5月20日時点(指数騰落率除く))

信託報酬は楽天の方が若干安いです。運用実績はeMAXIS Slimの方が長く、直近6カ月の騰落率は指数の実績とほぼ同じ(+0.20%)です。手数料の安さを重視するなら楽天、実際の運用実績ではeMAXIS Slimを選ぶのも一案です。

ケース3指数が同じ場合

例:「S&P500」と連動する投資信託を選びたい!

S&P500をベンチマークとする人気の3銘柄を例に比較してみましょう。

横へスクロール
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) SBI・V・S&P500インデックス・ファンド iFree S&P500インデックス
ファンド
設定日
2018年7月3日 2019年9月26日 2017年8月31日
基準価額 29,728円 27,207円 33,062円
指数の騰落率
(3年)との差
+1.00%
(2024年4月末時点)
+0.02%
(2024年4月末時点)
+0.20%
(2024年4月末時点)
純資産総額 4兆5,638.50億円 1兆6,356.57億円 2,303.27億円
信託報酬
(税込)
年0.09372% 年0.06380% 年0.19800%

※新NISAナビ調べ(2024年5月20日時点(指数騰落率除く))

指数の騰落率(過去3年)を最も上回る運用実績をあげているのはeMAXIS Slimです。また、eMAXIS Slimは信託報酬も同じ投資対象の銘柄の中でも低い水準にあります。

同じような銘柄って使い分けるべき? 

基本的には、目指す指数が同じ投資信託は投資成果もほぼ同じになることが多いため、分散投資の観点から違う指数や投資対象を選ぶことが多いといえます。

ただし、「投資の目的や期間に応じて別々に管理したい」などの理由がある場合は同じ指数に連動する銘柄の使い分けを検討するのも一案です。

例えば、必要な時期が10年後の教育費と30年後の老後資金を、それぞれeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)と楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンドへ投資する、などといったパターンも考えられます。

投資信託は情報をしっかりチェックして選ぼう

新NISAのつみたて投資枠で投資できるような分配金を出さない投資信託は、利益を再投資に回すことができて長期で保有すると複利効果(利益がさらなる利益を生む効果)が期待できます。

なお、目標とする指数が同じ投資信託でも、商品によって運用利益、信託報酬、純資産総額は異なります。過去の実績や目論見書(投資信託の説明書)などを確認して自分に最適だと思う銘柄を選びましょう。

過去の実績や目論見書(投資信託の説明書)などを確認して自分に最適な銘柄を選ぼう

~さっそく始めたい人に~

新NISA口座
各社の推しポイントご紹介

SBI証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントが貯まる(Vポイント等)
  • 三井住友カードでクレカ積立可能!積立額分でもVポイントが貯まる

楽天証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 対象の投資信託なら保有残高に応じて毎月楽天ポイントが貯まる!
  • さらに楽天カードで積み立てれば最大1%の楽天ポイントが貯まる!

auカブコム証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてポイント還元アリ!毎月Pontaポイントがたまる
  • 信用格付け「AA」はネット証券最上位!だから安心して利用できる

マネックス証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてマネックスポイント還元!各種ポイントに交換可
  • クレカ積立還元率は業界トップクラス!今なら最大2.2%の高還元!

このページをシェアする

新NISAの
ココが知りたい!

新NISAとは?メリット・デメリットは?わかりやすく解説

新NISAとは?メリット・デメリットは?わかりやすく解説

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

新NISAは証券会社(総合証券・ネット証券)と銀行のどっちがいい?

新NISAは証券会社(総合証券・ネット証券)と銀行のどっちがいい?

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

つみたてNISA口座で持っている資産はどうすればいい?売却?保有?対処法を解説

つみたてNISA口座で持っている資産はどうすればいい?売却?保有?対処法を解説

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリット、やり方をわかりやすく解説

「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリット、やり方をわかりやすく解説

50代で新NISAを始めるのは遅い?銘柄や金融機関の選び方も解説

50代で新NISAを始めるのは遅い?銘柄や金融機関の選び方も解説

何が違う?使い分けできる?どちらを優先すべき?新NISA・iDeCo徹底比較

何が違う?使い分けできる?どちらを優先すべき?新NISA・iDeCo徹底比較

「新NISA利回りランキング」で注目の老舗ファンドの秘密を探る! インタビュー

「新NISA利回りランキング」で注目の老舗ファンドの秘密を探る! インタビュー

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

参考サイト・たあんと

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

参考サイト・たあんと